電子音楽なう! vol.3(20140712)

電子音楽なう! vol.3

「電子音楽なう」は、”なかなか普段のメディアでは触れられることが少ない電子音楽。広く客層の裾野を広げる意味で、気軽にマジメな電子音楽/コンピュータ音楽に触れられるライブイベント”です。

出演
石上 和也、泉川 獅道、大谷 安宏、門脇 治、中川 善裕、林 恭平、平山 晴花、RAKASU PROJECT.

日時:2014年7月12日(土)18:00開場 18:30開演
料金:2,000円
会場:CAP CLUB Q2 〒650-0041 神戸市中央区新港町4-3 上屋Q2
http://www.cap-kobe.com/club_q2/
*会場CLUB Q2へのお問合わせは当日のみ応答できます(078-959-7707)

問合せ先:
日本電子音楽協会
info-jsem@jsem.sakura.ne.jp

C.A.P.事務局(10:00-19:00/月曜休み)
TEL:078−222-1003
info@cap-kobe.com
http://cap-kobe.com

主 催:C.A.P.(芸術と計画会議)/日本電子音楽協会
協 賛:株式会社ジーベック
助 成:公益社団法人企業メセナ協議会
企画構成:石上和也、由雄正恒
美術照明:サカイヒロト、 植田宏美
フライヤーイラスト:pikkoro

電子音楽なうvol3チラシ-1 電子音楽なうvol3チラシ-2 電子音楽なうvol3チラシ

Permanent link to this article: https://jsem.sakura.ne.jp/jsemwp/?p=848

後援イベントのお知らせ(20140615)

2014/06/15 U::Gen 音響 Lab vol.12 Live Computer & ElectroAcoustic music performance & Cafe BAR

 

open 18:00

start 19:00
charge 1,500yen(学生1000yen)+ 1drink

出演

佐藤亜矢子  SATO AYAKO

CASICO

岡本大典   OKAMOTO DAISUKE

由雄正恒  YOSHIO MASATSUNE

大谷安宏  OTANI YASUHIRO

 

佐藤亜矢子(SATO AYAKO)
Prix Presque Rien 2013, ICMC2013(International Computer Music Conference), more….. 国内外で活躍する作曲家. U::Gen Lab, 前回のご出演では魅惑の「逸話的音楽」を展開, 新鮮な電子音響・衝動的興奮がさめず, 無事2度目のご出演を迎えることができるというわけ. 神聖ポストLuc Ferrariに出会える.
CASICO(カシコ)
声, 音採取担当のHIROと生録, テープ, 各楽器, 担当のïtah, 二人による実験音楽ユニット. 今回は生録音源を4chオープンリールで再生、自作音響変換器”ギタホーン”を共鳴させる実験ライブ.
ïtah 漆喰、珪藻土から電気電圧を発生、スライダックでマンホールを振動させる、シンセ、ギターを操るアーティスト。前回のU::Gen Labでは、左官道具をつかったライブ・ミュージック・コンクレートという途方もない実験を展開. その瞬間に立ち会えたら、きっと心で泣ける ギタホーン!

岡本大典  (OKAMOTO DAISUKE)  ex.After Dinner
「バーバパパ世界をまわる」,「NHK連続ドラマ「恋セヨ乙女」など…作曲家. トロンボーン奏者.  じつはex. AfterDinnerのおかもとさんが本来のアバンギャルドミュージシャンに戻る瞬間がU::Gen Lab. いつもMaxとRareな楽器で驚きの音響体験を提供してくれる. ソロCD「memories of the air」


主催 おおたに・よしお
後援 日本電子音楽協会 (JSEM)

Permanent link to this article: https://jsem.sakura.ne.jp/jsemwp/?p=811

後援イベントのお知らせ(20140607)

Opus Medium-Project vol.13
影聴音観プロジェクト

*木村友美「ピアノのための新作」

演奏:藤原亜美(piano)

*山口 紘「動かぬものたちの声 (II)」

演奏:山口紘 (electronics)

*橘 晋太郎「images」for piano solo

演奏:藤原亜美(piano)

*小川 類「maestitia」 for alt sax -[electronics version]

演奏:渡邊定治(alt sax)、小川 類(electronics)

*小森俊明「モノクロームとカラーで」En Monochromie et Couleurs pour Piano

演奏:小森俊明(piano)

*河合孝治「Pia-Dance組曲」

演奏:清水友美(piano,dance) 、坂本美蘭(朗詠)、河合孝治(electronics)

会場:下北沢Harf Moon Hall

6月7日・ 土曜日

当日3000円 / 前売り2500円 / 学生2000円

16時30分開場 / 17時開演

Permanent link to this article: https://jsem.sakura.ne.jp/jsemwp/?p=724

後援イベントのお知らせ(20140524 – 25)

FUJI acousmatic music festival 2014
富士電子音響芸術祭2014
the 5th anniversary

会場:ピラミッドメディテーションセンター(JR中央線梁川駅下車徒歩5分)
会場住所:〒409-0503 山梨県大月市梁川町綱の上福徳1113

開催日:5月24(土曜)~25(日曜)
開場:24日(土曜)15:00
オープニングパーティー:24日(土曜)16:00~
開演:24日(土曜)17:00
終演:25日(日曜)13:00

入場料:
4000円(先着35名様)
5500円
定員70名(先着順)
ご予約はホームページ専用申し込みフォームからお申し込み下さい
http://www.spacevision.biz/faf/

駐車料金:
2000円(1人乗車)、1000円(2人乗車)、3人以上乗車の場合は無料
お問い合わせ:info-faf@spacevision.biz

特別ゲスト:フランソワ・ドナト

出演:
足本憲治 石上和也 泉川秀文 生形三郎 長田大夢 大久保雅基
柴山拓郎 鈴木悦久 高野大夢 高橋哲男 仲條大亮 佐久川曜一
永野隆満 長瀬元應 成田和子 宮木朝子 森田信一 坂野伊和男
山本雅一 由雄正恒 吉原太郎 渡辺愛

芸術監督:吉原太郎
空間デザイン:土井康央
照明:佐野太平、蜂須賀輝
アロマデザイン:小阪柚木衣
キャンドルデコレーション:Chu-Buru-DECO
焚火:小田切浩
撮影:奥山和洋
技術協力:武藤勲

新開発・音響空間コントロールシステム「NILE」登場
開発:株式会社多聞
テクニカルディレクション:篠田匡史
コンピュータグラフィック:関根大輔 (euroTAMON)
コンピュータプログラミング:石垣翔平
テクニカルアドバイザー:吉原太郎(山梨大学講師)、柴山拓郎(東京電機大学准教授)、高野大夢
協力:富士電子音響芸術祭実行委員会

助成:笹川日仏財団

主催:富士電子音響芸術祭実行委員会

協賛:JAD Automation、YARDWORKS、ARCHITECT ATELIER TSUTSUMI、
ピラミッドメディテーションセンター、ACSPD文化芸術支援事業推進室

音響機材協力:ティアック株式会社、株式会社多聞、株式会社ソーケン、甲斐の匠小田切、
柴山拓郎(東京電機大学)、由雄正恒(昭和音楽大学)、足本憲治(国立音楽大学)

後援:日本電子音楽協会、大正寺
制作協力:洛農舎、遠山正真(SPIRITUAL SOUND PROJECT)
出店:Mother earth 、itah-chai、FAF BAR、寺崎COFFEE、虹屋

関連企画
フランソワ・ドナト特別講義
5/21(水)昭和音楽大学 18:00開講       お問い合わせ:info-faf@spacevision.biz
5/22(木)東京電機大学鳩山キャンパス(公開) お問い合わせ:takuro@mail.dendai.ac.jp

Permanent link to this article: https://jsem.sakura.ne.jp/jsemwp/?p=726

後援イベントのお知らせ(20140521)

アーティスト・フォーラム/レクチャー・コンサート
「時をかけて ―文化的ユートピアへのスローな探検」

日時:2014年5月21日(水)7:00 pm
会場:国際文化会館 岩崎小彌太記念ホール
パフォーマンスとレクチャー: ハンス・トゥチュク(作曲家)
http://www.music.fas.harvard.edu/faculty/htutschku.html
演目:
言語:英語/日本語(逐次通訳つき)
会費:無料
主催:公益財団法人国際文化会館、日米友好基金
後援:日本電子音楽協会
協力:東京藝術大学 先端芸術表現科

「教育や人的交流、芸術で一番大事なのは、好奇心を刺激することです。」
このレクチャー・コンサートではハンス・トゥチュクの最近の作品を紹介し、そ のコンセプトと、異なる大陸の音や産物を合わせて、ユートピア的で儀式的なパ フォーマンスをつくる手法についてお聞きします。
トゥチュクはドイツ出身ですが、長くオランダやフランス、米国で暮らしてきま した。これまでに40カ国以上を訪問し、どこに行ってもその土地特有の音や音楽 を探し求めてきました。現代の電子音響音楽における革新的な作品で知られる トゥチュクは、音楽以外の芸術形態やメディアにおけるテクノロジーの融合を目 指し、油絵や写真、演劇、ダンス、陶芸、ビデオアートなどとの実験を重ねてき ました。これらの試みは音楽的な点でもインスピレーションの源となっていま す。また共産主義下の東ドイツという出自が、これらの濃密な芸術的コラボレー ションや、自分の考えを自由に表現したいという不断の渇望を生み出しており、 1989年の政変以降もその強度は変わっていません。

Permanent link to this article: https://jsem.sakura.ne.jp/jsemwp/?p=721

JSEM電子音楽カレンダーのお知らせ

日本電子音楽協会は、このたび「JSEM電子音楽カレンダー」をサイト内に設置いたしました。
さまざまな電子音楽に関する情報を集めていきたいと考えております。
漏れている情報や、間違いなどございましたらお知らせいただけると助かります。
どうぞよろしくお願いいたします。

https://jsem.sakura.ne.jp/jsemwp/?page_id=534

Permanent link to this article: https://jsem.sakura.ne.jp/jsemwp/?p=610

後援イベントのお知らせ(20140308)

Full Space vol.5

音響エッセイ「音の世界に生きる」

~宮城道雄 エッセイ「音の世界に生きる」より~

 

 

2014年3月8日(土)

開場18:30 開演19:00

入場料 前売り1,500円 当日1,800円

 

 

音の世界に幸を感じ、声を見て、騒音を愉しみ、そして音に生きた彼の世界を、石上和也、かつふじたまこの音響作品と白井廣美のパフォーマンスで綴ります。

 

宮城道雄プロフィール

明治27年(1894年)兵庫県神戸市生まれ。作曲家・箏曲家。十七絃などの新楽器の発明でも知られている。8歳の頃に失明し音の世界に入る。1929年に「春の海」発表。昭和31年(1956年)没。

 

 

<出演>

白井廣美 — パフォーマンス

石上和也 — 作曲

かつふじたまこ — 作曲

 

 

料  金:前売り1,500円 当日1,800円

会  場:CAP CLUB Q2  〒650-0041 神戸市中央区新港町4-3 上屋Q2

http://www.cap-kobe.com/club_q2/

*会場CLUB Q2へのお問合わせは当日のみ応答できます(078-959-7707)

 

ご予約・お問合せ:

Full Space

fullspace.since2004@gmail.com

 

C.A.P.事務局(10:00-19:00/月曜休み)

TEL:078−222-1003

info@cap-kobe.com

http://cap-kobe.com

 

主  催:C.A.P.(芸術と計画会議)/ Full Space

助  成:公益社団法人企業メセナ協議会

企画制作:NEUS-318/月猫音市場

後  援:日本電子音楽協会

音  響:NEUS-318/月猫音市場

 

Permanent link to this article: https://jsem.sakura.ne.jp/jsemwp/?p=530

後援イベントのお知らせ(20140209)

Japan Electroacoustic Music Concert

日本の若き電子音楽作曲家による、アクースモニウム空間音響芸術演奏会

 

音楽の在り方が今まで以上に問われる現在において、「場」という問題が重要な意味を持っていま す。

今回は、スピーカーのために作られた電子音響音楽(テープ音楽、ミュージック・コンクレート/ア クースマティック、電子音楽など)を、コンサートで発表するための多次元立体音響装置である「ア クースモニウム」を使用した演奏会を開催致します。

アクースモニウムとは、コンサート空間に自由に配置された複数(通常は 16 個以上)のスピーカー を、ミキサー上のフェーダーを操作することによって、様々な音響空間を表現する為のシステムで す。

また招待作品として、日本のコンピュータ音楽の草分けの一人である上原和夫氏、2005 年~2008 年にドイツ国営放送から委嘱作品を発表された石上和也氏の作品を演奏し、日本におけるアクー スモニウムの第一人者である檜垣智也氏に招待作曲者として出演して頂きます。

16 時より、川崎弘二氏(『日本の電子音楽』著者)、檜垣智也氏、森下明彦氏(国立国際美術館客 員研究員)、林恭平の 4 人によるアフタートークを行います。

会場:国立国際美術館 B1 講堂

開催日:2014 年 2 月 9 日(日)

開催時間:開場 13 時 30 分 開演 14 時 00 分 終演 16時30分

入場料:無料 入場定員:80 名

公演名:Japan Electroacoustic Music Concert 日本の若き電子音楽作曲家による、アクースモニウム空間音響芸術演奏会

主催:電子音響芸術研究会 代表:林恭平
会員:
新居 正教 高野 大夢 中田 耕太郎 永野 隆満 永松 ゆか 渡邊 裕美 上瀬 留衣

招待作品作曲家:上原 和夫・石上 和也 招待作曲家:檜垣 智也

アフター・トーク:川崎 弘二、檜垣 智也、森下 明彦、林 恭平

協力:国立国際美術館 後援:日本電子音楽協会・日仏現代音楽協会 設備協力:MUSICIRCUS 設置協力:牛山奏良

問合せ先:代表)林恭平 Tel:090-3709-2671

Mail:atomage@msn.com

Tiele:Japan Electroacoustic Music Concert

Venue:The National Museum of Art,Osaka Dates: February 9, 2014 (Sun)

13:30 Doors Open: Opening hours
14:00 Start:
16:30 curtain
After the end of the concert, I do after-talk for 20 minutes

Sponsorship:Electroacousitic Art Organization Representative:HAYASHI Kyohei

Member: ARAI Masanori

TAKANO Hiromu NAKATA Kotaro NAGANO Takamitsu

NAGAMATSU Yuka WATANABE Hiromi KAMISE rui

Invitation composer:UEHARA Kazuo HIGAKI Tomonari ISHIGAMI Kazuya

After Talk: KAWASAKI Koji HIGAKI Tomonari MORISHITA Akihiko HAYASHI Kyohei

Admission: Free
Admission limited number of people: 80 peopl

新・国立国際フライヤー_表_outline新・国立国際フライヤー_裏_outline

Permanent link to this article: https://jsem.sakura.ne.jp/jsemwp/?p=518

電力芸術演奏会2013(20131208)

日本電子音楽協会 電力芸術演奏会2013

日時:2013年12月8日(日)

17時半開場 18時開演

場所:名古屋電気文化会館5Fイベントホール

http://www.chudenfudosan.co.jp/bunka/denbun

入場料:3,000円

 

出演:

■門脇治

ドップラー電源幻想曲

■大谷安宏

compulsion to repeat

■岡本大典

独慎の風

■桃井聖司

Motet 2013 ソプラノ:平康悦子

■三輪眞弘(フォルマント兄弟)

「夢のワルツ」BBPTSI版 MIDIアコーディオン:岡野勇仁

■水野みか子

Kaymakll オーボエ:宮澤香

■福島諭

Monocarpic Erectra

■中川善裕

Air Corridor II for electric guitar and electroacoustics

 

主催:日本電子音楽協会

後援:先端芸術音楽創作学会

 

問合せ先:日本電子音楽協会事務局 info-jsem@jsem.sakura.ne.jp

チケット予約は、日本電子音楽協会事務局 info-jsem@jsem.sakura.ne.jp 宛
に、件名「12/8チケット予約」として、氏名と人数を本文に記載ください。

チラシ表

チラシ裏

チラシ表面

チラシ裏面

Permanent link to this article: https://jsem.sakura.ne.jp/jsemwp/?p=489

後援イベントのお知らせ(20131003)

 

音楽の未来形 ~gendai-ongaku~ vol.1コンサート

主催:水野みか子、あいちトリエンナーレ実行委員会

共催:音楽の未来形2013実行委員会、日本現代音楽協会、Glovill

 

日時 :10月3日(木) 18:30~

場所 :愛知県芸術劇場小ホール(名古屋市東区東桜1-13-2)

 

前売:2500円、  当日:3000円、 学生:1500円

連絡先: mikakom@sda.nagoya-cu.ac.jp

 

演奏曲目:

くりもとようこ 「漆黒」     (piano)

 

小島有利子    ”Undulations III” for solo violin

 

ニコラ・サーニ  ”A Lina Bucci Fortuna”       (piano)

 

小坂直敏

<シリーズ今若冲 蝶の図より 「ベニシジミ」「キベリタテハ」「アオバセセリ」

―フルート、バイオリン、チェロのための>

山本裕之  「輪郭主義IV」         ( violin, flute, piano)

 

伊藤高明 <LOGE>                                                   (piano, elec.)

 

水野みか子 「アクサライ   フルート、ヴァイオリンとエレクトロニクスのための」

 

ペル・メールテンソン 「新作」

リズ=ロッテ・ノレリウス 「新作」

 

 

備考:

あいちトリエンナーレ2013 祝祭ウィーク事業

 

**関連企画として下記があります。

音楽の未来形 ~gendai-ongaku~ vol.2   ネットワーク・パフォーマンス  (入場無料)

音楽の未来形 ~gendai-ongaku~ vol.3     レクチャーと研究発表(資料代のみ有料、JSSA会員は入場無料)

vol.2, vol.3の開催場所:名古屋市立大学芸術工学部大講義室

http://www.sda.nagoya-cu.ac.jp

 

なお、vol.2,vol3の主催は、JSSA/ACMP、音楽の未来形2013実行委員会 です。

詳細は添付のチラシをごらんください。

チラシ:音楽の未来形2013

Permanent link to this article: https://jsem.sakura.ne.jp/jsemwp/?p=447